happy life *幸せ子育て日和*

発達の遅れがある4歳男の子の子育てと日常の出来事。

妊娠、出産後に感じる女性であることの大変さ

独身の頃は、女性に生まれて良かったと思っていましたが

妊娠・出産を経験してみた今、心身ともに女性の負担が大きいことを感じています。

 

まずは、妊娠。

悪阻やお腹が大きくなるにつれて身重になりながらも、上の子供がいたら休むことも出来ず、家事・育児に追われます。

 

そして、出産。

自然分娩にしても、帝王切開にしてもどちらも大変です。

産後の母乳育児もこれまた大変。

 

共働きでも、昔からの「家事は女性がやるもの」という固定観念があるので、確実に女性の負担は大きくなります。

 

私の夫は、子育て・家事に協力的な方ではありますが

どこかで「家事が女性がやるもの」という意識があるのを時々感じます。

 

先日、近くのショッピングモールに行った時の事。

屋内広場にてインテリアのセールを行っていました。

 

いくつかのソファーが展示されており

大きめのソファーに座りながら

 

「いつか、これくらい大きなソファーが買えるくらい、広い家に住みたいな~!」

と、夫が言ったので

 

「そんな大きな家、掃除が大変だよ~。」

と、私が言うと

 

「今も掃除してないじゃん!」

と言われて、カチンと来てしまいました。

 

確かにマメに掃除する方ではなく、家事の中では一番優先順位が低いのですが、それなりには綺麗にしている方だと思います。

 

この発言、どう考えても「家事は女性がやるもの」と思っていますよね。

 

夫はハウスクリーニングの仕事をしているので、私より掃除が上手です。

しかも、繁忙期と閑散期の差が激しいので、暇な時期は家にいる時間が多いのです。

 

気になるなら、暇な時に自分がやればいいのに!

と思ってしまいました。

 

その発言にしっかりと反論しましたが

その何気ない発言が心の中に残ってしまう今日この頃です。

 

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村