happy life *幸せ子育て日和*

発達の遅れがある3歳男の子の子育てと日常の出来事。

人生初、親知らずを抜いた!

息子を妊娠する前に、歯医者さんに通っていて

「親知らずがあるので、出来ればいずれ抜いたほうが良い。」

と言われていて、その歯医者さんでは抜歯出来ないと言う事で、少し遠い病院を紹介されました。

 

その後、すぐに息子を妊娠して、親知らずを抜くことを延期していました。

 

それから早4年。

先日寝る前に歯磨きをしようとすると、息子がぐずり出し、その相手をしてそのまま息子を寝かし付けて自分も寝てしまい、歯磨きをするのを忘れてしまいました。

 

次の日、見事に奥歯が痛くなりました。

以前、通っていた歯医者さんに電話すると、以前は当日予約が可能だったのに

「予約でいっぱいなので3~4日前ではないと予約は取れない」

と言われてしまいました。

 

歯が痛いのが続くのも嫌なので、他の歯医者さんに電話してみることに。

そしたら、当日予約が可能だったので、別の歯医者さんに受診することにしました。

 

診察室に入り、歯の写真を何枚かとレントゲン写真を撮影。

その写真を見て、先生からは

 

「親知らずに穴が空いちゃってるね~。

正常に生えている親知らずなら治療が可能だけど、横から生えているから、抜くしかないね。

今から抜くこと出来るけど、どうしますか?」

 

と、まさかの展開!

 

以前、親知らずの抜歯についてネットで調べていた時に、抜歯後腫れて痛いなどの情報があったので、少し怖かったのですが、いつかは抜く運命なのだと、抜歯をしてもらうことにしました。

 

まずは、麻酔を打ってもらい、麻酔が効いたら、いよいよ左上の親知らずの抜歯を開始。

少し引っ張られて痛みはありましたが、あっという間に抜歯出来ました。

 

その後、抜歯後の説明を受けました。

食事は麻酔が切れる2時間後から、アルコール・刺激物は控えること、激しい運動を控えること、入浴は控えることなどがありました。

 

2時間後、麻酔が切れましたが、そこまで痛みを感じなかったし腫れることもなかったので安心しました。

上の歯は下の歯に比べるとそこまで痛くないそうです。

 

次の日に、消毒をしに受診して無事終了。

次回は歯垢のクリーニングで予約しました。

 

実は、この日予定通り生理が来て、少し残念に思っていたのですが、歯が痛くなったおかげで2人目を妊娠する前に、無事に親知らずの抜歯が出来て良かったです。

 

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村


育児ランキング